スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
三番目の箱
roba1.jpg

今日は新作の三個目の箱作品作り。
昨夜デッサンした中で気に入ったサーカスのロバ少女を作ってます。
箱サイズに下書きし直して、それを計りながら全パーツをスケッチブックに描き起こしていきますー。

roba2.jpg

カーテンはなかなか描き終わらず、根気のいる作業なんで合間に別の作業を挟みつつ。
某百円均一ショップで買ってきた標本箱に色塗ったり削ったり。

全パーツ描けたら水彩絵の具でうすーーく塗って、ふやけを治す為にスケッチブックで押し花中。(寝押しとも言う。)
この写真の色塗ってる場所は見れば分かると思いますが・・・台所です

roba3.jpg

こうして全パーツを揃えておくと、漫画雑誌の付録を組み立てる感覚で楽しい。気がする。
今夜中には仕上げたいなぁ。
がむばろー
スポンサーサイト
【2010/06/08 19:41 】 | イラスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
青い月と赤薔薇 CDジャケット画描きました
1_p.jpg


ご無沙汰しております。
お仕事がなかなか忙しくて作家活動がぜんぜん出来ていない現状ですが、夏に頑張ってとあるプロジェクトに参加しました。
なんとなんと、大好きなユニット黒色すみれの美少女ヴァイオリニスト・Sachiちゃんと、美青年チェリスト・青月泰山くんの魅惑的なユニット「青い月と赤い薔薇」のお2人の初CDのジャケット画を担当させていただきました~~~~~。
美男美女で見目麗しい2人が、夢のような音楽を奏でてくれます。
本当に私の妄想が見せるまぼろしなんじゃないかと思うくらい、夢のようにステキなお2人ですよ。
ほぅ。。。。

私の絵もステキにジャケットを飾っているようです。
嬉しい!!
家の母がある日突然チェロを始めまして、悪戦苦闘しつつも趣味として続けているようですので、この記念すべき麗しのCDを贈ってあげようと思っています。
うふふふふ。

1CD発売の発売は11月下旬で、レコ発の演奏会をするそうです。
詳しくは、さっちゃんのブログか、青月泰山くんのブログでご確認ください。
本当に楽しみ!!!



★ 青い月と赤い薔薇 ★

初音源『白鳥の夢』完成記念演奏会

2009年11月23日(月祝 )
会場   新宿 プーク人形劇場 
開場  18:00  開演 18:30
入場料  演奏会のみ 2700円
      CDとのセット券 5000円
          ☆お菓子付き

【2009/10/17 00:58 】 | イラスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
記憶箱シリーズ・制作風景

       0001.jpg    0000.jpg

今回の幻獣展には前にも書きましたが箱作品を作りました。
平面をそのままパーツを重ねて少し立体的にしつつ、ところどころ素材の違うものを混ぜたりしました。
とっても楽しかったです。
作ってる最中に撮った写真があったので、せっかくだからここでご紹介してみることにしました。。。。。

0007.jpg 0008.jpg
まずはラフを描き、どのパーツをどういう順に重ねるか、だいたいの設計図を描きます。
のちのちずれたり、バランスを見ながら多少大きさや位置を変えたりはしますが、私の場合は最初に完成予想図をはっきり決めておかないとスムーズに事は運びません。
あと、使用する箱の底に真っ黒いスエードを貼りました。漆黒が良かったのでベルベット状の紙が欲しかったのですが、スエードの方が早く手に入ったので使ってみました。
なかなかいい感じです。
箱は市販のもので、角をサンドペーパーで削ったり閉じ金具付けたり加工してます。

0009.jpg
一番手前に来るパーツから一つずつシャーペンで描いてはフキサチフ(定着液)をスプレーし、カッターで切り抜きます。
手前のパーツを重ねてバランスを見ながら、次のパーツを描いていきます。同じ手順です。
カーテンだけで今回は4枚重ねました。

0011.jpg
写真が暗いのは携帯カメラの性能が悪いからではありません。
私の部屋は制作に恐ろしく不向きな暗さなのです。。。。
目が非常に疲れます・・・・。ううう・・・・。

0014.jpg
この作品の子達は被り物してます。
ありきたりなモチーフではありますが、好きなのです。
しかし、この写真はモノクロと見まごうばかりに暗いですね。。。
良くこんな所で作ったものだわ。
ちなみに、作業机と言うものが無いので、ダンボールの上にカッターマット敷いてつくってます。涙。

0015.jpg
鳥はキバタンがモデルで、黄色い頭の羽が怒ったときにぶわっと広がるらしいのです。
一日一回は雄叫びをあげるらしいです。凄い声なのでアパートなどで飼うのには向かないそうです。
どんな声なんでしょう。ぎゃーーーー!!とかかしら。なんて考えながら作っていたら、ラウル・セルヴェの「ハーピア」を思い出し、YouTubeで探して見てしまいました。夜中に一人で見たからすごい怖かったぁぁぁ・・・。

0017.jpg
可愛い貝殻があったので、衝動的に遊びででんでんむしを作ってしまいました。
とっても小さくてあんまりに可愛いので、作品に使っちゃおうと決めました。

0016.jpg
アンティークのレースを少し切って、片方の縁に沿って並縫いをし、糸を絞ってギャザーを寄せます。
小さな手首に縫った部分をボンドで貼り付けます。
このパーツは作品の一番奥底に貼ってあるので、せっかくのアンティークレースがあまり見えません。だから、実物を見る機会のある方は、じっくり覗き込んでください。

0012.jpg
全パーツを切り抜き、一旦箱におさめてみて全体の雰囲気を見て、パステルでちょいちょい色を塗ります。
さらにフキサチフ。でもめんどくさいからフキサチフしてない箇所もたくさんあります・・・・。

0013.jpg
そして、ボンドで奥のパーツから箱に貼り付けていきます。
何度もパーツを重ねて雲や金平糖の場所を微調整しながらすすめていきます。
全パーツ貼り終えて完成となります。
記憶箱シリーズ、魚ちゃんが「尾びれの記憶」と鳥ちゃんが「風の約束」です。
平面より時間・・・・かかりますね。やっぱり。

この箱作品は12センチくらいの小さな物です。
私は平面の作品でも、必ずカーテンを描き込んでしまいます。
なんというか作り物の世界と言うか、演劇的な舞台をイメージしていまして、背景にある雲や月、星なんかも舞台装置で、たまに釣り糸を描きこんだりもします。
今回作った箱作品はそれを表現するにはなかなかにうってつけな手法のような気がしました。
ある人にメールで写真を見ていただきましたら、「メリエスの月世界旅行的なハリボテ的な作り物世界が何とも面白いです。」とお返事を頂きました。
ああ、まさにソレ!
うまい事おっしゃいますね~。そうそう、ハリボテなんです。
そーゆー感じを出したいんです。
そうする事によって不可思議な感じをかもし出してるつもりです。
感じ、出てますか?

箱作りは時間が無くってとっても大変でしたが、すっごく楽しかったです。
いつか箱ばかりの展覧会をやってみたいなぁ、と思います。
実現するといいな。

下は携帯じゃなくってデジカメで撮ってもらったお写真です。

0002.jpg 
0003.jpg
0004.jpg 
0005.jpg
0006.jpg



【2009/07/04 02:52 】 | イラスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
残暑お見舞い申し上げます
20070821.gif



日記を久々に再開してみました。
掲示板とか面倒だから、ブログにしてみたんですが、なかなか素敵なブログって見つからないものですね。

まだまだ猛暑が続きますが、皆様ご自愛なさってくださいませ。
夏が終わったら時間が少しは空くと思いますので、遊んでください。


こずゑ
【2007/08/21 11:19 】 | イラスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。